用途に合った CAD を探す

salesflow1asalesflow_spacesalesflow12salesflow_arrowsalesflow13salesflow_arrowsalesflow14salesflow_spacesalesflow_space3setvice_req

Altium テクノロジーとの出会いをお手伝い:

CAD ツールの導入検討では機能評価多くの時間を費やす事になりまが、それにはまずその 候補をピックアップしなくてはなりません。要するに導入検討は、使えそうな CAD を探す事から始まりますが、これがなかなか難しい仕事です。

昨今の企業買収によって CAD メーカの数はだいぶ絞られてきましたが、各 CAD メーカからは複数のブランドの CAD ツールが販売されており、それらの全てを詳しく調査する事はできません。また CAD メーカーの離合集散によって商品名が変更されているものや、他のブランドの商品にその機能が引き継がれている場合があり、よほどの事情通でないとその有用性に気付かず葬り去ってしまう事があります。

例えば ProtelP-CAD の名を持つ商品はすでに無く、これらは Altium Designer に引き継がれて飛躍的に進化しています。さらに Altium Designer は FPGA 開発環境など従来の PCB ツールの範囲を超えた多くの機能を備えています。このため Altium Designer が従来のものとは全く別物のようにに見えてしまい、候補から外れてしまうような場合があるかもしれません。

しかし Altium Designer は その内容(機能・操作性)は Protel  CAD ツールからのアップデートであり、名称こそ変更されていますが Widows CAD の源流である Protel が正しく進化したものに他なりません。 このように Altium Designer は Windows PC CAD の本流であり、新規の導入だけでなく今お使いになられている CAD ツールの後継としても有力な選択肢の一つです。

また Altium Designer は 他社に OEM  供給されており、ほぼ同じ機能の製品がSOLIDWORKS PCB として販売されています。3D CAD を併用される場合にはこれを候補から外すわけにはいきません。

そこでアンビル コンサルティングでは ProtelP-CAD に加え OrCADPADSSOLIDWORKS などに親しんでこられた方々が先進の Altium Designer とその OEM 製品に辿り着けるように WEB インフラを利用じて積極的に情報を発信しています。

もしこのページを見失った時には Altium 、Altium DesignerアルティウムプロテルProtelP-CAD などのキーワードで検索してみてください。そうすれば再び私たちがお届けする豊富な情報に辿り着けるはずです。