SOLIDWORKS PCB

* SOLIDWORKS PCB及びSOLIDWORKS PCB Connectorは、現時点において日本未発売の製品であり、アンビルコンサルティングで販売及びサポートを行っておりません。

SOLIDWORKS PCB – Powered by Altium

Altium が開発した Altium Designer と同一仕様の CAD ツール

SOLIDWORKS PCB は Altium Designer と同じ回路図入力機能とPCBレイアウト機能を持つ、高性能で使いやすい統合 CAD ツールです。そして、SOLIDWORKS PCB で作成した回路図と PCB レイアウトは Altium Designer のフォーマットで保存されるため、 Altium Designer との間で双方向のやり取りが可能です。さらにこの SOLIDWORKS PCB には PCB Connector が標準装備されており、SOLIDWORKS PCB の編集画面と SOLIDWORKS 3D 編集画面の間で、変更箇所のオンラインアップデートを相互に行う事ができます。
* Altium Designer では SOLIDWORKS PCB Connector は別売です。

SOLIDWORKS PCB に含まれている各ツールは緊密に連携して動作します。これらのツール間のデータのやり取りはバックグランドで行われ、回路図と PCB との間でデータの受け渡しを行う際にも、ネットリストファイルの書出しや読込みは不要です。また、PCB 配線の最適化のために FPGA 端子の割付変更を行った場合にも、FPGA へのバックアノテーションを自動的に行うことができます。

swpcb_logo

SOLIDWORKS PCB では、煩雑なネットリスト によるデータの受け渡しは不要です。
回路図から PCB へのデータのデータ の転送を簡単なコマンド操作で行うことができます。

SOLIDWORKS PCB による設計分担

SOLIDWORKS PCB は一人のエンジニアが広範囲な設計を行う場合にうってつけにツールですが、複数のエンジニアや部門/事業所間で設計を分担する場合にも大変便利です。

一般的に統合ツールは、一人で広範囲な仕事をするための道具と捉えられがちですが、統合ツールでは常にデータの一貫性が保たれ、どの段階でもデータの受け渡しが可能ですので、設計分担にこそその真価が発揮されるものであるといえます。

solidworks_pcb_ac4

PCB 設計ツール SOLIDWORKS PCB の主な特徴

デザインエントリー

・回路設計と基板 設計でツールの使い分けが不要
・無制限の階層設計、マルチチャンネル設計をサポートする高度な回路図編集機能
・回路図シンボルと、PCBフットプリント、シミュレーションモデルを一体化した統合ライブラリ
・100,000 個以上の回路図シンボルを含む充実したライブラリ ODBC による外部データベースとのリンク
・OrCAD Capture V7, V9, v10 & V16.x の回路図とライブラリデータの読込み
・OrCAD Capture V7 フォーマットでの回路図の書出し
・P-CAD, PADS, DxDesigner の回路図とライブラリデータの読込み
・AutoCAD DXF/DWG データの読込みと書出し
 * 関連情報:他社製品及び Altium 旧製品との互換性(リンク先は Altium Designer の情報ページです)

PCB 設計

OrCAD、PADS、Allegro、P-CAD、Protel などの PCB ファイルの読込み
・回路図/PCB データ間の不一致を自動検出し、その差分で双方のデザインデータの整合性を保持
・豊富なデザインルールにより設計過程の違反をリアルタイムに監視
・PFGA 端子の割付け変更を FPGA 設計に自動的に反映
・等長配線やインピーダンスコントロール配線機能などにより、高速回路の配線に対応
・バス配線機能や、ペア配線機能などの半自動配線機能
BGA パッドからの配線の引出を自動化
・複数の種類の PCB による組基板を作成可能な面付け機能
TrueType による日本語文字の入力
・フットプリントウィザードなど、定型作業を効率化するための多くのウィザード
・高度な 3D 表示機能 Smart PDF 機能などの多くの有用なドキュメント作成機能
・高性能な自動配線機能伝送線路シミュレータCAM/ガーバーエディタ
・フレキシブル基板のサポート
極座標グリッドのサポート
・高度なリバースエンジニアリング機能
・基板内部への部品埋め込みをサポート
(リンク先は Altium Designer の情報ページです)

詳細な資料がこちらの ドキュメントサイト に用意されています。