CircuitStudio

CircuitStudio – Powered by Altium

Altium が開発した、シンプルで使いやすい CAD ツール

CircuitStudio は Altium Designer の基本機能を踏襲し、シンプルで使いやすくまとめられた統合型 CAD ツールです。 この CircuitStudio は回路図エディター、PCB エディター、アナログ/デジタル混在回路シミュレーターを備えています。作成した回路図は Altium Designer と同じフォーマットで保存されるため、 Altium Designer との間で双方向のやり取りが可能です。

* PCB ファイルには Altium Designer とは異なるフォーマットで保存されます。その他、Altium Designer との違いについてはついてはこちら を見るとわかります。

CircuitStudio に含まれている各ツールは緊密に連携して動作します。これらのツール間のデータのやり取りはバックグランドで行われ、回路図と PCB との間でデータの受け渡しを行う際にも、ネットリストファイルの書出しや読込みは不要です。

CircuitStudio では、煩雑なネットリスト によるデータの受け渡しは不要です。
回路図から PCB へのデータのデータ の転送を簡単なコマンド操作で行うことができます。

 

CircuitStudio による電子回路設計

CircuitStudio は一人のエンジニアが広範囲な設計を行う場合にうってつけにツールですが、複数のエンジニアや部門/事業所間で設計を分担する場合にも大変便利です。

一般的に統合ツールは、一人で広範囲な仕事をするための道具と捉えられがちですが、統合ツールでは常にデータの一貫性が保たれ、どの段階でもデータの受け渡しが可能ですので、設計分担にこそその真価が発揮されるものであるといえます。

solidworks_pcb_ac4

 

PCB 設計ツール CircuitStudio の主な特徴

デザインエントリー

  • 無制限の階層設計をサポートする高度な回路図編集機能
  • ネットクラスとコンポーネントクラスをサポート
  • バリアントのサポート
  • 回路図シンボルと、PCBフットプリント、シミュレーションモデルが一体化された構造の統合ライブラリ – 提供されている部品数(シンボル数)は 350,000 個以上
  • サプライヤーリンクによる部品情報の利用
  • OrCAD Capture V7, V9, v10 & V16.x の回路図とライブラリデータの読込み
  • P-CAD, PADS, DxDesigner の回路図とライブラリデータの読込み
  • AutoCAD DXF/DWG データの読込み
  • アナログ/デジタル混在回路シミュレーターを内蔵

アナログ/デジタル混在シミュレーター

  • 回路図エディタとのシームレスな統合
  • フレキシブルなスケーリングと数値の抽出が可能なシームレスに統合された波形表示機能
  • SPICE 3f5、Spice、PSpice モデルのサポート
  • AC 小信号、トランジェント、ノイズ、DC トランスファーに加え、  スウィープ、モンテカルロ等の部品誤差や温度係数に対応した、豊富な解析モード
  • Linear、 Decade、 Octave による AC スィープ
  • Digital SimCode (XSPICE 互換) デジタルモデルによる解析
  • 配線 32 層とプレーン 16層 までの多層設計をサポート。容量無制限

PCB 設計

  • ペア配線、バス配線機能
  • 豊富なデザインルールにより設計過程の違反をリアルタイムに監視
  • 高性能な自動配線機能
  • 回路図/PCB データ間の不一致を自動検出し、その差分で双方のデザインデータの整合性を保持
  • TrueType による日本語文字の入力
  • bmp、jpg、png ファイルの貼り付け
  • 高度な 3D 表示機能
  • Gerber274D、Gerber274X、ODB++  出力
  • STEP 出力
  • EAGLE、OrCAD、PADS、P-CAD、Expedition AutoCADの PCB ファイルの読込み
  • Protel PCB 3.0/4.0、Protel 99 SE(DDB)Altium Designer 5.0/6.0 のPCB ファイルの読込み

Altium 情報局のレビュー記事を併せてご覧ください